眼精疲労について

眼精疲労とは

単なる目の疲れであれば睡眠をとることで改善します。しかし、現代はスマホやパソコンなどを使う方が多く目の疲労感やかすみ、乾燥が強くなり、なかなか回復しにくくなると『眼精疲労』に繋がります。

視界の見えにくさや目の痛みなどの症状だけではなく頭痛や肩こり、吐き気など目以外の症状を伴うことがあります。デスクワークで長時間パソコンを使用し目を酷使する方に非常に多くみられます。

症状

目の症状

・瞼の痙攣、重たさを感じる - 自分の意思とは関係なく勝手に動き、瞼がピクピクする。

・光を見ると妙に眩しい-他の人が平気な光(室内灯)を、自分だけが眩しいと感じる。(羞明)

・目のかすみ、見えにくさ
-時間帯による見え方の変化を自覚。症状が強くなると、起床時にいつもと違う見えにくさを感じる場合もある。

・目の奥の痛み、目の上の痛み(目を押さえると痛い)

・目の上の骨の凹んだところを押さえると痛む(眼窩上神経痛)

身体的症状(眼精疲労が原因となり得る)

頭痛、肩こり、吐き気、睡眠障害などの全身症状を伴うことがあります

精神的症状、(眼精疲労が原因となり得る)

疲労感、倦怠感、めまい、不安感、抑うつ状態

原因

目の疲労の蓄積、および目の異常

視界が見えづらいのに無理をして見ようとすることで目の筋肉に疲労が起こります。

・遠視・近視・乱視・老眼が適正に矯正されていない
度の合わないメガネやコンタクトレンズを使っていると無理にピントを合わせようとして毛様体筋に負担がかかります。

・ドライアイ
涙の量が少なくなったり涙の流れが悪くなったりして目が乾くと、目の表面を保護する涙の層が均一でなくなり、ものがはっきり見えにくくなります。

作業環境

目を疲れさせるような作業環境も眼精疲労の原因となります。現代はパソコンやスマホは必要不可欠なツールです。パソコンやスマホの使用時間が長ければ長いほど、目の疲れを感じやすくなります。

※VDT症候群…電子機器操作による眼精疲労症状

・長時間のパソコン業務(VDT作業)

・照明のちらつき、パソコン画面への映り込みなどの光刺激

・エアコンの風

全身の異常

全身の健康に問題があると、目にかかる負荷に耐える力が弱くなります。

・疲れやすい体質、夜勤や出張などによる生体リズムが乱れている

・精神的ストレス(自律神経が乱れる)

・目以外の病気に伴って眼精疲労の症状が出る(更年期障害・糖尿病・耳や鼻の病気等々)

ものを見る仕組み

眼球は、目に映る映像を脳に伝える役割をする感覚器です。カメラに例えると、角膜と水晶体はレンズ、その間にある虹彩は目に入る光の量を調節する絞り、眼球の奥にある網膜はフィルムの役割をしています。

水晶体を支える毛様体筋という筋肉が伸び縮みし、水晶体の厚さを変えてピントを調節しています。網膜に映った映像は、視神経という神経の束を通じて脳に伝わります。

また、目の表面が乾かない様に瞬きをするたびに涙が出る仕組みになっています。涙は、角膜や結膜(目の表面の粘膜)に水分や栄養を補給し、目を潤そうとして保護する役割をしています。

ピントを合わせているのは自律神経

目のピントを合わせているのは、自律神経が深く関係しています。自律神経は活動時に高まる交感神経と、リラックスしている時に高まる副交感神経があります。これらの神経は身体の状態を切り替えるスイッチの働きをしています。

遠くを見る時は、交感神経が高まり、目や身体を緊張させる時に働きます。逆に近くを見る時は、目や身体をリラックスさせる副交感神経が高まります。

この交感神経と副交感神経がうまく切り替わることで、目のピントを正しく調節し、ものが見えることに繋がります。しかし、現代はこの自律神経のバランスが乱れている方が非常に多いです。

例えば…

仕事をする時、交感神経が高まることが正常ですが、デスクワークでパソコンを操作していると、近くのものを見ることになる為、副交感神経が高まります。この様に、自律神経のバランスが乱れた状態が続くことで、眼精疲労に繋がりやすくなります。

セルフケア

パソコンを使う時は、次の3つのポイントが大切になります。

①距離を保つ

パソコンと適切な距離を保つことで、目の疲れが抑えられます。顔と画面までの距離が約50〜70cm(片手を伸ばした距離)が目安になります。

②時間

パソコンと適切な距離を保っても、長時間同じ姿勢でいると全身に負担がかかります。その為、1時間ごとに約10分程度の休息を取ることが大切です。完全にパソコンから離れ、目を休めることが必要になります。

③明るさの調整

画面が明るすぎたり、暗すぎたりするのは疲れ目の原因になります。窓から入る光が画面に映らない様にブラインドやカーテンを使用するのは非常に有効です。ブラインドやカーテンをしていないと、紫外線がパソコンの画面に反射して直接目に入ってきます。

眩しい状態が続くことで、紫外線が水晶体の濁りを促進することや角膜の細胞にダメージを与える角膜炎が起こりやすくなります。

画面から発するブルーライトは、視力低下や安眠妨害など身体に悪影響を与える為、ブルーライトカットをするメガネをかける事も効果的です。

瞼を温める

瞼の血行をスムーズにする為、瞼に温かいタオルを乗せたり、市販のホットアイマスクを乗せたり、温かい飲み物から立ちのぼる蒸気を瞼に当てるなどして目を温めるのは効果的です。

しかし、目の状態によって、炎症、充血している場合は、温めるより冷やした方が良いです。また、加湿器は目の保湿にも効果があります。

ツボ押し

『晴明』:左右の目頭の上、やや鼻寄りのところにあるくぼみ。親指でツボに当て、目の窪みの奥に指が入っていく様なイメージで押し上げる。左右同時に行う。

『瞳子髎』:目尻から指一本分耳側に寄ったところにある骨のくぼみ。頬を包み込む様に中指でツボに当て、骨の際を押す。左右同時に行う。

現代治療では

視力検査・眼圧検査・眼底検査・調節検査に加え、毛様体筋の疲労度を測定し、眼精疲労の程度や原因を調べていきます。眼精疲労の処方箋としては、メガネの調整、眼球の血流を上げる為にビタミンB12点眼薬、ピント調節改善の調節賦活剤点眼薬が病院で処方されます。また、睡眠での疲労回復を促進するために安定剤や睡眠薬が処方される場合もあります。

鍼灸治療では

眼精疲労は、鍼灸治療適応の一つです。特に目の周りには小さな筋肉がたくさん集まっていますが、目を酷使すると目の周りが疲労して、筋肉が硬くなって明らかに眼球の動きが鈍くなります。そのため血行が悪くなり、疲れ目を感じやすくなります。もちろん肩や首のコリから目に不調が出るケースもあります。

当院の鍼灸治療は、瞼を上げる筋肉(眼輪筋・眼瞼挙筋)に対して直接アプローチする事が出来るので、まずは目の疲労自体を解消していきます。目の周りの筋肉が硬くなると同時に頭後部の筋肉(後頭下筋群)が連動して動く為、後頭部の筋肉疲労も解消しなければ悪循環に陥ってしまって意味がありません。

局所だけでなく後頭部の筋肉を同時に緩めることで、治療の効果が向上します。また、日常的にスマホやパソコンを触っていると身体が硬くなり全身の血流が悪くなる傾向があります。全身の治療を同時に行うことで、1回でも身体のリフレッシュ感や目のスッキリ感を実感して頂けます。

まとめ

眼精疲労は生活習慣によるものが多いので「治す」ことは難しい症状です。しかし、大事なのは定期的に眼精疲労をリセットしてあげることで、疲労が溜まりにくい身体の状態をつくってあげることです。

福岡美容鍼灸サロンCanna-カンナでは顔面部の疾患を多く扱っているため、眼精疲労の症例数も非常に多岐に渡ります。眼精疲労でお困りの方は、問い合わせフォーム、LINE、お電話にてすぐにご相談ください。

初回限定割引クーポン

まずはお気軽にお問い合わせください。

web予約 line
web予約 line