鍼灸について

鍼灸治療はれっきとした医学技術

鍼灸治療は日本における代表的な代替医療のひとつとして認められています。

鍼灸というとおじいちゃん、おばあちゃんの腰痛や肩こりで受けるという印象が昔はありましたが、現在では病院やホスピス、大学病院でも導入されているれっきとした医学です。

鍼治療は血流改善、免疫調整、神経機能活性化、筋肉拘縮(コリ)緩和、鎮痛、抗炎症という作用を用いて身体に現れている症状を緩和させます。

鍼灸が選ばれている理由として、副作用やリスクが少ないというのもあります。鍼治療は人間が本来持つ回復能力や治癒能力を高めることを目的としていますので、身体に優しい自然な医療であるとも言えます。

ただし、完全に副作用やリスクがないかと言うとそういうことはなく、肺に鍼が誤って刺さってしまう「気胸」や刺激量が多すぎる場合や、効果が良すぎて現れる頭重感やめまい(好転反応)が存在します。

リスクや副作用に関しましては施術前に必ずご説明させていただきますので、不安な点は担当鍼灸師にお気軽にお尋ねください。

世界保健機構WHOでも認められている鍼灸対象疾患一覧

初回限定割引クーポン

まずはお気軽にお問い合わせください。

web予約 line
web予約 line