顎関節症に鍼治療を試してみませんか?

口を開けるときに顎からカックンなど音が鳴りませんか?
それは顎関節症かもしれません。

Cannaでは鍼灸歴10年以上、年間2,500件以上の施術を担当してきた当院が、あなたの顎関節症に対するお悩みを改善いたします!

この記事では、私が行なっている「顎関節症の治療」をお伝えします。
ぜひ最後までお読みください!

もくじ

顎関節症にはCannaの鍼治療

Canna院長

Cannaは必ず2つ以上の国家資格を持っているスタッフが在籍する鍼灸院です!
まずは、Cannaの顎関節症治療をご覧ください!

Cannaの鍼治療は症状部位だけでなく全身の治療も行い治療力を高め症状が出ない状態を作ります。

顎関節症の自己チェック

全く自覚症状がないという人でも顎関節症が潜んでいる可能性があります。

  • 食べ物を噛んだり、長い間しゃべったりすると、あごがだるく疲れる
  • あごを動かすと痛みがあり、口を開閉すると、とくに痛みを感じる
  • 耳の前やこめかみ、頬に痛みを感じる
  • 大きなあくびや、りんごの丸かじりができない
  • ときどき、あごがひっかかったようになり、動かなくなることがある
  • 人さし指、中指、くすり指の三本を縦にそろえて、口に入れることができない
  • 口を開閉したとき、耳の前の辺りで音がする
  • 最近、あごや頸部、頭などを打ったことがある
  • 最近、かみ合わせが変わったと感じる
  • 頭痛や肩こりがよくする

いかがでしたでしょうか?
2個以上当てはまる方は顎関節症の可能性があります。

なぜ顎関節治療に鍼治療が有効なのか?

よく顎関節症の方は歯医者さんに行かれる方が多いと思います。

歯医者の治療は歌見を取り除く薬物療法やスプリント療法などと併用している場合が多いです。

顎関節症の治療ではマウスピースがよく使用され、
マウスピースを使用することで、歯ぎしりや食いしばりのダメージを軽減しようとします。
しかし、使用したことがある方ならお分かりかと思いますが、凄く違和感がありますよね?
そのため睡眠の質が悪くなり悪循環に陥ることがあります。
また、マウスピースは歯の保護としては有効ですが、根本治療には適していないと思われます。

そこで、Cannaが行っている鍼治療を一度試して頂たいきたいです!
顎関節症は顎周りの筋肉が固くなるのが原因と言われています。
確かに間違ってはいません。

首の付け根(耳に裏)にある胸鎖乳突筋は意外とお腹の筋肉と連動しているので
上記、動画で解説しておりますがCannaでは、顎周りから鍼をするのではなく、連動しているお腹から鍼を行います!
その後、顎関節症の原因になっている顎周りの筋肉を緩めていく治療法を行い、根治治療を行います。
※症状により施術内容は変わります。

胸鎖乳突筋

やっぱり顎関節症にはCannaの鍼治療

Cannaでは顎関節症だからと言ってお尻だけを治療するわけでなく、顎関節症と関係なさそうな箇所もしっかり施術し根本治療を行います!

お問い合わせ

Cannaの治療が気になる方は是非、お問い合わせしてみてください♪

また、LINEではご相談も可能ですのでお気軽にご連絡ください!

    もくじ