三叉神経痛について

洗顔化粧髭剃りなどの日常動作で顔に一瞬の痛みをかんじた事はありませんか?

痛みのせいでで物を噛む事や歯磨きをすることが出来ない、肌に少し触れるだけで痛みが起こる これらは三叉神経痛の主な症状で、痛みの特徴は一瞬の走るような痛みです。

三叉神経痛は顔面部に痛みを感じる病気です。 三叉神経とは顔の触覚・温冷覚・痛覚を伝える神経で、おでこ・頬・下顎辺りに3本の枝として分かれます。

顔の感覚を伝えるものが三叉神経の為、顔に起こる神経痛は「三叉神経痛」という事になります。

三叉神経の付け根に血管が当たり神経を圧迫することが原因と考えられており、圧迫されることで異常な神経回路ができ疼痛として現れます。

特発性三叉神経痛のような原因不明のものもあり、ヘルペスウイルスによる感染や多発性硬化症などが原因となっている事もあります。

Cannaでの治療スタイル

多くの場合三叉神経痛の治療は薬や神経ブロック、手術が行われます。ガンマナイフ(放射線治療)もありますが合併症リスクが高く第一選択肢としては使われることはありません。

Cannaでは鍼を使って治療していく為、副作用がほとんどありません。

日常生活に支障をきたすほどの痛みをコントロールし、快適な毎日を送れるようサポートしていきます。

1人1人に適した治療を行う為に、まずはしっかりとカウンセリングを行います。

痛みの度合いや気になる症状などを詳しくお伺いし、脈診や腹診をして身体のバランスを整えていきます。

その後全身のツボを使いながら施術をしていきます。経過を見ながら徐々に痛みを和らげていきます。

Cannaで大事にしていることは「なんとなく」では終わらせない、その場で実感して頂ける効果です。

お顔の痛みに悩まれている方は是非一度受診されてみてください。

 

初回限定割引クーポン

まずはお気軽にお問い合わせください。

web予約 line
web予約 line