頭痛について

頭痛は頭部におこる痛みの総称であり、その原因や種類によっていくつかに分類されます。

筋緊張型頭痛とは

最も多くみられる頭痛のタイプ

原因は首や肩、背中の筋肉が硬くなってしまうことや、首の動きが硬い(狭い)方に多く見られます。首周囲の筋肉が硬くなったがゆえに酸素や栄養素を頭部に回せず、締め付けられるような頭痛を感じるのが特徴です。

慢性的な肩こりや、姿勢、骨盤の傾きがあると生じやすいと考えられており、軽度であれば休息や睡眠をとることで消失しますが、慢性化すると休息をとっても症状がとれなくなり、毎日痛み止めを飲まなければいけなくなることも少なくはありません。

痛みとしてはそこまで強いものではないですが、毎日現れやすい傾向にあり、特に疲労が強いときや日中に現れやすい特徴があります。

片頭痛とは

女性に多く見られる頭痛で生理前などにも現れやすくあります。筋緊張型頭痛は頭部が筋肉の硬さや姿勢によって血管が圧迫、収縮されて痛みを引き起こしているのに対し、片頭痛は血管が拡張されることで引きおこると考えられています。

そのため、筋緊張型とは反対にリラックス時に現れやすい特徴があり、時間帯も夜に集中しやすい傾向があります。また、毎日痛みが続くことはなく、多くは片側の頭部のみに起こり、定期的に痛みが繰り返されるのも特徴です。

重症慢性化してくると、吐き気やめまいを伴うようになり、音や光をきっかけに発作的に片頭痛が起こることが現れます(閃輝暗点)。

片頭痛についてさらに詳しくはこちら

群発性頭痛とは

筋緊張型や片頭痛とは異なり、頭部表面よりも目の奥の方や、目の周りを何かで刺されるような痛みを感じる頭は、比較的若い男性に多く発症し、頭痛が現れること自体は年に数回、決まった時期(群発期)に現れるのが特徴です。

危険な頭痛とは

バットで殴られたような強烈な頭痛や、吐き気を伴う頭痛、手足に痺れを感じる頭痛は即治療が必要な頭痛になります。これは筋肉による頭痛ではなく、脳や脊髄といった中枢性の頭痛になり、放置すると取り返しのつかない状態になってしまうこともあります。

頭痛は放置せず、早期治療を

一時的な頭痛であれば痛み止めを用いるのも有用です。しかし、頭痛は身体の疲労や不調が現れているサインです。「頭痛なんかで…」と放置せずに、繰り返し起こる、頭痛が長期間続く場合はクリニックや鍼灸院を受診することが頭痛の現れない生活を手に入れる一歩になります。

鍼灸院では多くの場合、その場で痛みが消失し、頭痛が現れない体つくりの治療を行っています。頭痛の悩みがある際はまずは一度当院へご相談ください。

初回限定割引クーポン

まずはお気軽にお問い合わせください。

web予約 line
web予約 line