腱鞘炎について

腱鞘炎は手首や指の関節を動かす際に痛みが現れる症状の総称です。特に親指や手首の関節に現れやすく、日常的に手を多く動かす主婦やスポーツ選手、デスクワーカーにみられます。

痛みが現れる部位により名称が異なりますが、基本的には筋肉や腱を包んでいる腱鞘と呼ばれる刀のサヤ内の炎症が起こる点ではすべて同じ病態になります。

腱鞘炎の種類

スマホ腱鞘炎とは

スマーフォンの操作により指を酷使することで現れる腱鞘炎。多くは親指の痛みとして現れます。海外ではText thumb injury(テキストサム損傷)とも呼ばれることがあります。

ドケルバン病とは

スマホ腱鞘炎同様に親指の付け根部分に痛みが生じる腱鞘炎です。簡易的なテスト方法としてフィンケルシュタインテストという、親指を握りこんだ状態で手首を下に向けて、痺れや痛みが誘発されるかどうかという確認方法があります。

ばね指とは

ばね指は腱鞘炎の一種というよりは、腱鞘炎が進行した結果、関節や腱が硬くなってしまっている状態を指します。症状としては指を伸ばす際に引っかかりを感じてします。更に進行すると指を伸ばすことが難しくなってしまいます。

症状

基本的には手首、親指を動かすときの痛みがメインになります。他の指や関節でも起こり得る可能性はありますが、多くは手首と親指に集中します。痛みは徐々に進行する傾向にあり、痛みも長く続きやすい場合がほとんどです。

また、進行すると関節を曲げる、伸ばす行為が難しくなり、最終的には指関節の変形を招く場合もあります。

原因/治療

多くの場合、手や指の酷使が原因になりますので、安静にさえすれば自然に消失する場合もあります。しかし、指や手を動かさずにいることが難しい為、慢性化しばね指や痛みが強くなってしまうことが多くあります。

保存的治療

シーネやテーピングを用いて患部が動かないように固定する方法です。しかし、1日に動かなさいからといってすぐに治るものでもない為、長期的な仕様が求められます。装着の手間から使用を開始してもリタイアする方も少なくはありません。

内科的治療

痛み止め(イブプロフェンなど)を使用して痛みを緩和させる方法。服用後は痛みを感じにくくなる為、動作が楽になるメリットがあります。

しかし、あくまで一時的に痛みを感じにくくさせているだけの為、患部は負担が余計にかかり、むしろ進行が早まるリスクがあります。他の根本的な治療法と併用することが求められます。

患部治療

症が起こっている関節にステロイド注入薬(トリアムシノロン等)を使用すると1ヶ月程度無症状で過ごすことが可能です。使用している間に患部の炎症が治まればそのまま完治となる可能性もあります。

しかし、指を使う頻度が変わらなければ再度注射が必要となります。それでも改善しない場合は手術療法が適用されます。手術では腱鞘を広げる切開術などが行われます。

腱鞘炎と鍼灸治療

鍼灸治療は腱鞘炎に対しても有効な治療法のひとつです。多くの場合、その場で痛みが消失することが多くあります。腱鞘炎の鍼灸治療は副作用や副反応もほとんどみられない為、安心な治療法と考えられています。

しかし、指や手の使用頻度が変わらない限りは再発してしまう点では患部治療と同じになります。その為、当院では自分でできる簡易的なテーピング療法と負担のかからない手の動作指導も併せて実施しております。

腱鞘炎は早期治療が非常に大事

腱鞘炎は誰にでも現れうる身近な症状です。しかし、軽症だからと放置してしまうと慢性化し、痛みが取れにくくなります。関節が動かなくなり後悔される方も少なくありません。

初期のうちに適切な処置を行い、普段のクセや習慣を改めれば十分治改善可能な症状ですので、症状に気づかれた場合は早めに福岡鍼灸院Cannaをご受診ください。

初回限定割引クーポン

まずはお気軽にお問い合わせください。

web予約 line
web予約 line